消費者金融では独自審査でキャッシングの審査を行っています

独自審査 キャッシング

消費者金融へキャッシングの申し込みをすると、独自審査を行ってくれます。申し込みの時には、個人情報あの提供が必要になります。提供する個人情報は、氏名や住所や生年月日や電話番号等が必要になります。その他には住まいの形態や、会社の情報を提供する事になります。住まいの形態は持ち家や賃貸の情報なども必要ですし、居住年数等が必要になります。
その他に家族構成等の申告も必要です。このような情報を提供すると、消費者金融では情報を利用して、信用情報機関の情報の開示を行います。信用情報機関の情報を利用して、会社の独自の基準で審査を行います。

情報機関の情報には他の金融業者からの借入状況や、借入件数や返済時の遅延情報などが登録されています。これらの情報と自社基準を合わせて、キャッシングの審査を行っています。情報機関の登録情報に借入金額が多い方や、借入件数が多い方や返済に遅れのある方は、審査には不利になります。しかし信用情報機関の情報は、それぞれの情報に応じて登録期間が決まっています。返済の遅れの情報などは、期間が過ぎると登録から抹消されています。

消費者金融へ申し込みをして審査を行った結果は、申し込みした本人に連絡されています。そして審査に通った方が、消費者金融のキャッシングの利用が出来ることになります。審査では融資の否かに加えて、利用の上限額が決められています。利用限度額以内で有れば何度でも、融資を受ける事が可能になります。

自己破産者でも借りられる審査のゆるい消費者金融について

自己破産や他の債務整理の手続きをした後でも、お金を借りる事は可能です。大手の消費者金融に借りるとなると、信用情報機関のデータが消えるまで待たなくてはいけませんが、審査のゆるい消費者金融なら借り入れ可能です。中堅の消費者金融と言っても、大手の消費者金融と同じように審査がありますし、ちゃんとした登録金融機関です。ただ、こういった中堅の消費者金融は、大手の消費者金融と比べ審査が甘い事で知られています。

だからと言って、全ての人が審査に通るという事ではありません。あくまで大手と比べての話です。任意整理の手続き中でも自己破産をした後でも仕事をちゃんと持っていて、なおかつ一定の収入があれば融資を受ける事は可能となっています。ですからどうしても今お金が必要という方は大手の消費者金融を避けて、中堅の消費者金融をあたってみましょう。そしてどうしても審査に落ちたくない、すぐにお金の融資を受けたい場合はある程度ネットで情報を集めておきましょう。

中堅の消費者金融の中にも審査に通りにくい業者、通りやすい業者があるのです。今の自分の状況でも、審査に通りそうな消費者金融をチェックしてから、申し込みしましょう。少し時間がかかりますが、審査に通過してお金を借りられると思えば、それほどの苦労では無いはずです。


【どうしても借りられない!自己破産する前に、任意整理を選択肢の一つに入れてみませんか?】
街角法律相談所の詳細はこちら! 任意整理は、信用情報機関に記録が残されませんよ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする