今すぐお金を借りる時には

今すぐお金を借りる

人生生きていれば急遽まとまったお金が必要な時が何度かはあると思いますが、そんな時、家族や身内に相談しても都合がつかない時、今すぐお金を借りる手段として、消費者金融の無人契約機はとても便利です。私も若い頃には仕事をして給料を稼いだら、遊びに夢中になってしまい預貯金が無く、友人や知人の冠婚葬祭などの時に、お祝い金や香典のお金が無く、消費者金融の無人契約機コーナーで融資を受けたことが何度かあります。

今現在では貸金法が改正されて、クレジットや融資を受けるのが厳しくなっていますが、それでも定職に就き一定の収入があれば、その条件に合った金額のお金は借りることができます。また、無人契約機コーナーを採用している消費者金融では、借入審査がとてもスピーディーで、来店から融資までに約30分程で現金を借りることができますので、急な出費でお金が必要な時にはとても便利です。

ただ、その便利さとは逆に、お金がない時には消費者金融で借りればいい、という安易な考えで返済の計画も立てないまま借り入れをして、自分の収入以上に借入金が膨らんでしまい、返済ができなくなる事例もよく見聞きします。私の場合、将来のことを考えて貯蓄を少しづつながら続け、今すぐお金を借りるという状況を作らないようにしています。この不景気な時代ですから、誰もが猫の手も借りたいくらいですが、お金を借りるということは、お金を返さないといけない責任も付いてきますので、避けるべき生活を心掛けることが1番だと思います。

審査のゆるい消費者金融に勤めていました

私は、大学を卒業し、新入社員として審査のゆるい消費者金融に勤めました。私も全く名前を知らない会社でしたし、ほとんど知っている方はいなかったと思います。しかし、入社当時は、大正2部に上場している企業でしたし、その後東証2部にまで上場をした消費者金融です。しかし、ランク的には審査のゆるい消費者金融といえる会社でした。

愛媛県を本社に持つ消費者金融で、基本的には無人契約機を設置せず、愛媛県にだけ無人契約機を置いているということでした。たまに、テレビCMなども流していましたが、やはり無人契約機が無いせいか、知名度はそれほどなかったと思います。その会社は、小口のローンも、電話でのお申し込みや来店で受け付けはしていましたが、主におまとめローンといった大口の商品をメインに扱っており、その大口のローンで残高をどんどん伸ばしていった会社です。

電話帳をみて小口のローンのお申し込みをされるお客様に、おまとめローンの案内をして、契約に結び付けるといった営業を一番よくしていました。また、過去にお申し込みをされ、多重債務で小口のローンをお断りになった方にも、おまとめローンの営業をかけていました。大手に比べると貸付残高もかなりの違いがありましたが、審査のゆるい消費者金融として、お客様のために一生懸命になり、そして会社も大きくしていこうという流れがよく見えていました。中堅とはいえ、自慢できる立派な消費者金融です。


【どうしても借りられない!自己破産する前に、任意整理を選択肢の一つに入れてみませんか?】
街角法律相談所の詳細はこちら! 任意整理は、信用情報機関に記録が残されませんよ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする