今すぐお金が必要な場合の消費者金融選び

今すぐお金が必要

記念日のプレゼントやお見舞いなど、今すぐお金が必要な場合も多いと思います。そこで、そうした場合の消費者金融選びのポイントについて聞いてみようと思います。

まず、ポイントとしてはインターネットでの申し込みができるかどうかです。今はパソコンが無くても、スマートフォンなどで場所選ばずインターネットが可能ですので、インターネットから申し込みができるかどうかが大きなポイントになります。

次に、融資の時間の確認です。現在は30分で融資の可否の審査が出きるサービスも多数存在しますので、そうしたサービスを選びます。また、その中でもいくつかの質問に答えるだけでその場で簡易審査が受けられるサービスを行っている会社がありますので、そこで駄目だった場合には、別の消費者金融を選んでください。

お金を借りる時に、身分証明書など必要書類を送る必要がありますが、スマートフォン向けのアプリを公開している場合、そうした書類の提出が簡単にできるものもありますので、要チェックです。これはあまり指摘されてはいませんが、もし、対面などでコミュニケーションを取ることが不快でないのであれば、インターネット等を利用して、最寄の店舗や自動契約機などを探し、そこで審査を受けた方が早く融資を受けられる場合があります。何故なら貸し手の立場で考えれば、どういった人にお金を貸すのかは非常に重要で、身なりや表情、言動などが直接確認できるということは、判断をする上で大きなポイントだからです。審査は会社によってまちまちですので、早くお金が借りたい場合には、駄目だった場合にはすぐに次の会社の審査を受けることもポイントになります。

審査のゆるい消費者金融の審査事情

審査のゆるい消費者金融は、大手消費者金融に比べて審査基準が緩くなっていると言うのが特徴です。というのも、新規顧客は大手消費者金融を利用することが多くなっているため、審査のゆるい消費者金融は別の方法で顧客を獲得しなくてはならないのが現状となっています。お金を借りてくれる人がいないことには商売が成り立たないので、中堅業者は多少無理をしてもお金を貸したいと思っています。

そこで、大手業者の審査にあぶれてしまった申込者を、審査の緩さで引き込む手段を取るのが中堅業者の特徴となっています。数ある融資会社の中でも消費者金融が一番借りやすいとされており、一つの消費者金融に融資を断れたら、審査基準を下げた消費者金融を探すしか借入れを利用する手立てはありません。

ただ正直、そうなってくると消費者金融も多重債務者や返済能力が怪しい人を多く抱えることにもなり、消費者金融のリスクは少なくありません。なので、その分は金利に反映されてしまうのですが、それでもどうにかしてお金を借りたいという人には、条件が悪くても融資してくれるのですから嬉しい限りでしょう。審査のゆるい消費者金融といえども、正規の貸金業者なので法規制の中で運営しており、借り入れトラブルに危険性はありません。


【どうしても借りられない!自己破産する前に、任意整理を選択肢の一つに入れてみませんか?】
街角法律相談所の詳細はこちら! 任意整理は、信用情報機関に記録が残されませんよ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする