申し込みブラックについて

申し込みブラックについて

申し込みブラックというのは、短期間にいくつものローン会社に申し込みを行って断れた人やその履歴のことをいいます。ローンの申込みという行為の履歴は個人信用情報センターに残ることになり、ローン会社は申込みの度にこの情報センターに履歴紹介をすることから、短期間にそこらじゅうにローンの申込みをして断れている要注意人物と判断される要素になってしまうのです。

申込みをしている利用者はそんなことはまったく気づかずに数を打てば借りれるところがあるのではないかと思って申し込みをしているのでしょうが、この状態が継続すればいつまで経っても審査結果は同じことになってしまうことになってしまいます。

通常、3社までの申込みはブラック扱いにならない金融機関が多いようですが、それを超えてしまいますと申込みブラックとして認識されるようで、特に1ヶ月の中で4社に断られた場合にはこういう認識になってしまうようです。最近では個人情報センターが統合化され、以前のように銀行系、消費者金融系、信販系といった借り入れ申込みの情報が名寄せされることになっていますので、業態の違うところに申し込んでも結局すべて履歴がわかってしまうことになりますから十分な注意が必要となります。とにかく3件までは申込みOKということであれば、インターネットで同日に申し込むのが重要です。通常消費者金融系は1ヶ月、長くても3ヶ月すれば抹消されますので、その間は待つことが望ましいでしょう。

審査のゆるい消費者金融なら審査に通りやすいです

過去に借金をしていて、その借金を整理した、つまり債務整理をした方でも利用できる消費者金融って探せば結構みつかります。普通の大手の消費者金融では、審査で弾かれてしまうかもしれません。ですが審査のゆるい消費者金融なら融資が受けられるかもしれません。ただ、全ての審査のゆるい消費者金融の審査が甘いとは、ここでは言い切れません。

しかし自己破産者や他の債務整理をした人の場合、債務整理の手続き後、数年間はブラックリストに載ります。このブラックリストにデータがある状態では、大手の消費者金融をまず利用できないでしょう。申し込んでもほとんどの割合で弾かれてしまうのです。これは仕方が無い事かもしれません。しかしお金がどうしても必要な人だっているはずです。そういった方は少しマイナーな消費者金融を利用してみてください。上手くいけば即日でお金を借りられます。

それだけ審査のゆるい消費者金融の審査は甘いのです。しかし万全を期すという意味も込めて、言っておきたい事があります。申し込む消費者金融のデータをネットで集めておきましょう。どれくらい審査が甘いのか、自分と同じ境遇の人でも借りる事が出来たか、出来たのならその体験談、口コミなどをチェックしておくべきです。これくらいやっておいた上で申し込めば、審査に落ちる確率を大幅に減らせるでしょう。


【どうしても借りられない!自己破産する前に、任意整理を選択肢の一つに入れてみませんか?】
街角法律相談所の詳細はこちら! 任意整理は、信用情報機関に記録が残されませんよ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする