今すぐお金が必要 無審査

今すぐお金が必要 無審査

とにかく今すぐお金が必要な時。借金大王のごとくクレジットカードのキャッシング枠も使い果たして、消費者金融もかれれるだけ借りてしまってもうどうしようもない時、新規で申込みしまくったら、全部否決!

さすがに大手では貸してくれない時、そういう時は中堅消費者金融や中小の消費者金融を探すと良いでしょう。

無審査ってことはさすがに闇金ぐらいしかないかもしれないですけど、だいたい大手よりは借りやすいでしょう。

完全に無審査でお金を貸してくれるところはクレジットカードの現金化だと思います。
もちろんショッピング枠が残っていればの話ですけど、キャッシング枠を使い果たしても、ショッピングク枠が残っていれば、それをお金に変えることはできます。

 消費者金融はお手軽に使える

一度は耳にしたことが多い、消費者金融とは、何の担保もいらずにお金を借りられる便利なサービスです。
私も数回使ったことがありますが、本当に便利なものであり、ありがたい存在でございます。
消費者金融には、マイナスのイメージをお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
やはり、お金を借りるということの重大さや、不安感からマイナスイメージにつながってしまうのかもしれません。
しかし、消費者金融は安全に利用することが出来ますし、上手に使えばもっと人生を楽しむことが可能になってくるでしょう。
かつて、私は消費者金融というと、借金をすることだし、利息が高そうで手をだしにくいなと思っていたことがありました。
お金を借りるにあたっては、返すことが必要不可欠となってきますので、返しやすさが一つのポイントです。
調べてみると、一ヶ月の間ならばなんと利息がかからないものがたくさんあることに気付き、一度に大金を借りた場合でも分割して毎月少しずつ返済することが出来ることがわかったので、安心しました。

安全性や利息を考慮してお金を借りる

お金を借りることを考慮した場合、一番安全なのは銀行からの融資です。
銀行は信頼できる金融機関であり、尚且つ利息が低いことで知られています。
多くの消費者金融は17%から18%に利息を設定しているのに対し、銀行は14%台が一般的です。
また銀行でお金を借りる場合、総量規制という規則は適用されません。

この規則は金融機関でお金を借りる場合、借り入れ最高額は年収の3分の1以下でなければならないという決まりです。
この規則が適用される金融機関でお金を借りる場合、状況によっては自分が必要とする額のお金を借りれないことがあります。

しかし銀行の場合はこの規則が適用外であるために、審査をパスすることができれば高額の融資が可能となるのです。
あまり知られていないことかもしれませんが、銀行系のカードローンでも即日融資を行っているところはたくさんあります。

そのためお金がすぐに必要である場合、銀行系のカードローンに申し込むのがベストです。
また銀行系のカードローンでお金を借りる場合、インターネットを使用して審査や手続きを行うのが最も手っ取り早くお金を手にする方法です。カードローンの審査をパスした場合、普通はカードが郵送されてきます。そしてそのカードを用いてお金を借りるわけですが、当然のことながら郵送されるカードが手元に届くまでには時間がかかります。しかしインターネットを使用して審査や手続きを行えば、カードをすぐに入手することができます。流れとしてはまず審査に必要なフォームを銀行からメールで送信してもらいます。それに必要事項を記入し、送信します。すると審査結果が知らされますので、審査をパスしたらカードを受け取ることになります。この場合、カードは無人契約機を通して受け取ることができます。そのため無人契約機が近くになければなりません。
その後受け取ったカードを使用し、ATMでお金を引き出せば即日融資が完了です。このような流れで銀行系カードローンを利用することができます。ここで重要なポイントとなるのが無人契約機の有無ですが、無人契約機の数はそれぞれの銀行によって異なります。この点でプロミスとアコムの無人契約機の数が他のものに比べると多く、尚且つ遅い時間まで営業しているために利用しやすいといえます。またこのような流れで即日融資を受ければ家族にもばれずにお金を借りることができますので、秘密も厳守できます。
もしその他の金融機関でお金を借りており、その返済にあてるためのお金を他の金融機関から借りなければならないという状況が突然生じた場合、銀行系のカードローンを利用するのがお勧めです。なぜなら先にも述べたように、銀行系のカードローンの利息は消費者金融の利息よりも低く設定されているからです。たとえば消費者金融から100万円借りており、それを今日中に返済しなければならない状況に直面したとします。この場合、銀行系カードローンを申し込んで100万円の融資を受け、そのお金で消費者金融からの借金を返済してしまいます。その後どのようなことが生じるかというと、今度は借金の返済元が消費者金融から銀行に代わるわけです。そして銀行の利息は消費者金融の利息に比べると低いわけですから、同じ額のお金を返済することには変わりはないものの、支払うべき利息の額は少なくなるわけです。このような形でお金を借りることをおまとめローンといいます。
おまとめローンは消費者金融からの借金返済に苦しむ人たちのために考案されたものです。そのため銀行の中にはそのような人に積極的に融資を行っているところもあります。そのため利息が高いゆえに消費者金融から借りたお金の返済に苦しんでいる人で、今すぐにでも返済金が必要であるという人は、銀行系カードローンに申し込んでみることができます。しかし一般的な仕方での借り入れに関しては、銀行の審査は金融機関の中で最も難しいとされています。そのため審査をパスできる可能性はそれほど高くないのが現状です。しかし審査申し込みは無料で行うことができますので、トライしてみる価値はあります。
基本的に審査の規準となる項目は年収、勤務先、勤続年数、そして過去の借り入れ歴です。これらが考慮されてお金を貸すことを許可するか、そしてどれだけの額のお金を貸し出すかが決定されます。銀行系のカードローンでは総量規制が適用されないものの、自分が希望する額のお金を必ずしも借りることができるわけではありません。審査項目が考慮された後、どれだけの額のお金を貸し出すことが妥当かが決定されますので、場合によっては希望額よりも少ない額のお金しか借りれないこともあります。この点はしっかりと明記しておくべきです。そして職業ですが、必ずしも公務員や信頼の置ける大手企業に勤めていなければならないというわけではありません。審査を申し込んだ人の年収は、借入額の決定に大きく関係します。そしてその人にお金を貸すかどうかは勤続年数や借り入れ履歴が関係してきます。
ここでは申込者に返済能力があるかどうかが考慮されます。そのため勤続年数が短く、職を転々としているような状況であるならその人がまたいつ無職になってしまうのかが心配されることとなり、審査をパスすることが難しくなることがあります。また過去に何度もお金を金融機関から借りている人はきちんと返済してきたのかどうかという点が考慮され、もし過去に何度も返済できないことがあった場合は審査通過は難しくなります。しかしこれらの点からわかるように、返済能力を有していることがわかれば、お金を貸してもらえる可能性は格段にアップします。安定した収入があり、これからも同じ職場で働き続ける見込みがある人であれば、たとえアルバイトであっても審査をパスすることができるケースもあります。そのため銀行系のカードローンでの借り入れは、誰にでもチャンスのあるものなのです。
そしてもし銀行からの融資を行ってもらえなかった場合、次にお勧めなのは消費者金融です。先にも述べたように、消費者金融が設定している利息は17%から18%と非常に高いために、返済が滞ってしまうと多額の利息を支払わなければなりません。しかしメリットもたくさんあります。まず審査に申し込む方法は銀行系カードローンと同じで、インターネットを使用して行うことができます。また審査にかかる時間が非常に短い消費者金融もあり、すぐに合否を知ることができます。また消費者金融ならではのサービスを展開しているところもあります。それは無利息サービスです。このサービスは誰もが受けられるものではありません。多くの場合、消費者金融を始めて利用し、お金を借りる人にのみ適用されます。サービスの内容は借りたお金を30日以内に全額返金すれば利息を支払う必要はないというものです。そのため消費者金融を始めて利用する人で、尚且つ30日以内にきちんと借りたお金を全額返済できる計画を立てている人は、このサービスを上手に利用して無利息でお金を借りることができます。
その他のメリットとして挙げることができるのは、返済日によっては初めて消費者金融を利用した人ではなくても、無利息でお金を借りることができるというものです。消費者金融でお金を借りる場合、利息は一日につきいくらという形で計算されていきます。つまりお金を借りた日数が一日に満たない場合、利息は発生しません。そのため借りたお金を次に日に素早く全額返済してしまえば、無利息での融資が受けられるのです。突然お金が必要となるケースというのは、財布の中にお金もクレジットカードも入っていないときに生じるケースがほとんどです。そして家に帰ればお金を工面することができるという人も大勢います。そのような人は自宅に帰ってお金を用意し、すぐに借りたお金を全額返済することが可能です。そのため無利息で消費者金融からの融資を受けることは多くの人にとって不可能なことではないのです。
また消費者金融では小額のお金の貸し出しも行っています。多くの場合、最低借入額は一万円から三万円となっており、借入額が少ないからといって申し込みを拒否されることはありません。このような小額のお金であればすぐに返済することができるために、翌日、もしくは早いうちに返済を済ませれば無利息、もしくは低利息での借り入れが可能となるのです。さらに消費者金融の審査は銀行系カードローンの審査に比べるとパスしやすいことで知られています。そのため比較的容易にお金を借りることができるというメリットも有しています。
それでもデメリットもいくつか存在します。先に述べた利息が高めに設定されていることに加え、総量規制が適用されるという点を挙げることができます。状況によっては急に多額のお金が必要となることがあります。しかし年収が低ければ自分が希望する額のお金を借りることができないケースも存在し得るのです。また返済が遅れることで多額の利息を支払い続けなければなりません。そのため返済計画がしっかりと立てられていなかったり、返済が難しいと思われるほどの大金を借りてしまった場合は利息に悩まされることになります。しかし以前ほど借りたお金の返済に苦しむ人はいなくなりました。それは総量規制が適用されるようになったからです。そもそも総量規制とは消費者金融を利用する人が返済でそうもない額のお金を借りてしまうことがないようにするために設けられた規則です。この規則のおかげで無理な借金が減ったというのが現実です。そのことを考えると総量規制によって希望額の借り入れが不可能であることは、裏を返せば返済を確実にするための手助けであるということになるために、もしかするとメリットの一つとして考えることができるかもしれません。
そしてできることなら利用しないほうがよいのが闇金業者です。闇金とは貸金業としての登録を行っていない貸金業者のことで、それゆえに高金利を要求するケースが多々あります。しかし闇金でお金を借りることにもメリットがあります。それは誰もがここでの借り入れを許可されるということです。もちろん返済能力が全くないと判断された人にお金を貸し出すことはしません。しかし返済能力があると判断されれば、たいていの人はお金を貸してもらうことができます。多くの場合、ブラックリストに名前が載ってしまった人は金融機関からお金を借りることができません。過去に借金をし、その後返済が滞ったものの、事業が波に乗って今では十分な返済能力を有しているという人がいます。しかし過去に派手な返済遅延などがあった場合、今現在どんなに高い返済能力を有していても、金融機関からの借り入れを拒否されてしまうことがあります。しかし闇金の場合は別です。こうした状況にある人に対してもお金を貸し出してくれるのです。しかしこうした状況が多くの人にとって誘惑となり、泥沼にはまってしまうことがあります。
まず高額な利息についてですが、金融機関は出資法に従わなければならず、その中では年利20%を超える利息を要求してはならないという決まりがあります。先にも考えたように、消費者金融の利息は17%から18%台となっており、銀行系カードローンは14%台のところが多く見られます。それに対して闇金の利息は年間で1000%以上のところもあり、借りたお金の10倍もの利息を払わなければならないこともあります。多くの闇金は10日間の貸し出しに対して利息を10%から20%としています。この適用からすると、借りたお金をすぐに返済してしまえばそれほど高額な利息を支払わなくてもよいことになります。恐らく10日以内に借りたお金を全額返済できれば、大きな問題とはなりません。しかしどうしてもお金が必要であると感じ、10日以内での全額返済が不可能な額のお金を借りてしまった場合、高額な利息を支払わなければならなくなります。利息が雪だるま式に膨れ上がり、最終的には取り返しのつかないことになりかねません。それでも初めて闇金を利用する人に対しては、高額の融資は行いません。一般的には3万円から10万円の融資しか行わず、高額な利息によって返済が滞るのを防ぐよう、取り計らいがなされています。
もちろん闇金でお金を借りた人は、闇金の高額な利息を承知でそうしています。しかし借りたお金を返済できる予定がなければ、返済と利息の支払いに苦しむことになります。しかし中には高い利息を支払い続けながらも、闇金からの借金を全額返済した人もいます。このような人はもう二度と同じような経験をしたくないと感じるものです。しかしブラックリストに載ってしまっているがゆえに、一般の金融機関でお金を借りることができないという思いが、再び闇金へと導くことがあります。今はインターネットが普及しており、様々な情報を容易に交換することができます。闇金業者も商売を行っているわけですから、当然のことながら顧客を増やすための活動を行います。そのような主な活動は営業で、闇金利用者の情報を入手し、それらの人に再びお金を貸して儲けようとします。中にはこのような営業活動が電話で行われ、闇金業者からお金を借りたことが家族にばれてしまい、気まずい思いをしてしまうこともあります。そのためお金を借りたことを秘密にしておきたい場合、闇金業者からの借り入れは避けたほうが無難です。
そして当然のことながら闇金業者でお金を借りる場合も審査を行う必要があり、その後に申し込み者にお金を貸し出すかどうかが決定されます。審査の基準は身元がしっかりしていることや働いているかどうか、そして親や親族がいるかどうかという点が考慮されます。最近ではお金を返済する周期が闇金よりも長く、利息も若干低いソフト闇金といったものが存在しています。このようなものは闇金に比べると安全のように思えるかもしれません。また中には返済が遅れそうなときに相談にのってくれるところもあり、若干の猶予が与ええられることもあります。それでも銀行系カードローンや消費者金融に比べると利息が非常に高いというのは変わらぬ事実です。そのため返済に自信がない人は、ソフト闇金であっても借り入れを行わないほうがよいでしょう。
このように突然お金が必要になったからといって、すぐに貸し出しを行ってくれる金融機関に手を伸ばすことは避けるべきです。必ず考慮しなければならないのは安全性や利息のことで、これらをしっかりと考慮した後、その金融機関でお金を借りるかを決定するべきです。今すぐにでもお金を手元に持たなければという思いが先立ってしま、誤った判断を下してしまうと後々大変な思いをすることになってしまいます。そのためとっさではあるものの、きちんとした返済計画を立て、落ち着いて決定を下すことを心がけなければなりません。


【どうしても借りられない!自己破産する前に、任意整理を選択肢の一つに入れてみませんか?】
街角法律相談所の詳細はこちら! 任意整理は、信用情報機関に記録が残されませんよ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする