キャッシングのブラックリストとは

キャッシングブラック

キャッシングのブラックリストは、実際には存在していません。キャッシングのブラックとは、消費者金融の審査に通り難い方をいいます。消費者金融へ申し込みをすると、審査を行っています。審査では申し込み時の個人情報を利用して、信用情報機関の情報を開示して行っています。

信用情報機関の情報には、金融業者からの借入状況や、借入件数や返済の遅延状況などが登録されています。その他にも信用情報機関の開示情報も登録されています。情報機関の情報で借り入れの金額が多い方や、借入件数が多い方は消費者金融の審査には通り難い状況になります。そして金融業者への返済の遅れが合った場合にも、審査には通り難い状態になります。

そして信用情報機関の情報開示も、審査の対象になっています。つまり情報機関の情報開示が多いと、金融業者への申し込みが多いと判断されてしまいます。消費者金融の審査では信用情報機関の、登録情報が大きく影響して来ますので、大変重要な情報になります。情報機関の情報を綺麗にしておく事が、審査に通る近道とも言えます。

消費者金融でブラックと言われる方は、つまり信用情報機関の情報に、悪影響な情報が多くなっていることになります。借金の金額が多くて借り入れ件数も多くて返済の遅れもある状態では、何処の金融業者へ申し込みをしても、審査に通る確率は少なくなります。しかし信用情報機関の情報は、登録情報によって登録期間が決められています。信用情報機関の情報を綺麗にすることが、キャッシングができる最大の近道です。

審査のゆるい消費者金融の特徴

消費者金融には、大別して大手消費者金融と審査のゆるい消費者金融があります。大手業者は知名度があり、銀行と提携して共同出資で運営している銀行系消費者金融です。会社名を聞けば、誰もが一度は耳にしたことがあるくらい知名度はあります。

対して中堅業者は、どこかと提携することもない普通の消費者金融です。知名度はないですが、探してみれば数多くの審査のゆるい消費者金融は存在しています。さて、初めてキャッシングを利用するという人は、迷うことなく知名度がある大手消費者金融を選ぶでしょう。違法金利などの借入れトラブルを考えたら、知名度はそのまま信頼性や安心感に繋がります。

ただ、中堅業者であっても貸金業は然るべき機関に登録をして運営する義務があるので、危険な貸金業者ではないのですのが、信頼性や安心感に欠けてしまうのは仕方がありません。そのため、新規顧客は大手に取られてしまうのが中堅業者の定めです。

そこで中堅業者は、大手であぶれた利用者を引き寄せるために、審査基準を甘くしました。これが審査のゆるい消費者金融の特徴です。大手に比べて審査基準が緩いので、多重債務者や条件が悪い利用者が利用しやすくなっています。その分、金利は少々高めですが、そこを除けば利用しやすい消費者金融です。


【どうしても借りられない!自己破産する前に、任意整理を選択肢の一つに入れてみませんか?】
街角法律相談所の詳細はこちら! 任意整理は、信用情報機関に記録が残されませんよ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする