ブラックでも大丈夫 消費者金融

消費者金融 ブラック

医療費のような給な出費がかさんで、今月のお金がどうも足りなくなってしまったという場合があると思います。そういったときに消費者金融はとても便利ですよね。しかし、お金を誰にでも貸してくれるというわけではありません。当然、返すだけの経済力があるかどうかは審査されます。自己破産や、債務整理の経験のある方、通称ブラックと呼ばれる方はブラックリストに載っているかもしれません。

そのような方は消費者金融を利用できないのでしょうか。いいえ、あきらめるのはまだ早いです。もちろん違法な業者ではなく、正規の業者で金融事故経験者に融資する会社があります。そういった会社は表立って金融事故経験者でも大丈夫とは言いませんが、事故経験者を門前払いするわけではないようです。十分な審査の上、融資を受けられたブラックの例もあります。

安全な業者を列挙すると、フクホー、スペース、キャネット、AZ株式会社、フタバ、ライオンズリース、アロー、ケンファイナンス、アルコシステム、関東信販、シンディーです。大手消費者金融業者との違いは、申込者の人格も考慮されるということです。込み入ったことを聞かれたり、提出書類が多かったりということもあります。

また、担当者によって審査結果が異なる場合もあるかもしれません。ここまで、前向きなことばかり挙げてきましたが、当然リスクもあります。上限金利や総量規制の影響もあり廃業する業者も少なくありませんでした。今後、上に書いた業者が廃業する可能性も無きにしも非ずです。

お薦めなのは審査のゆるい消費者金融

私が審査のゆるい消費者金融をお薦めするのは、消費者の現状に即した対応を大手消費者金融に比べると細かく一人ひとりのニーズに合った対応をしてくれるというところです。大手消費者金融の場合、融資限度枠内であってどこからも融資を受けていない相手に対しては、すんなり融資をしてくれます。しかし、たいがいお金に困っているのは、そういう人たちでなく消費者金融の常連だったりする場合がほとんどです。

また法律改正以降、限度枠の問題や専業主婦などの場合の貸し渋りなどが起こっているのも事実であると思います。そんな中、審査のゆるい消費者金融は、借り手側のニーズをいち早く察知して、おのおのの現在の環境にあった融資の相談を親身になって受けてくれるところが、最近では多くなってきています。現に、私も融資に関する相談をする場合は、大手消費者金融ではなく審査のゆるい消費者金融に行っています。

なぜなら、現在の私の環境に合った対応をしてくれるからです。私が初めて消費者金融を利用したのは、子供が進学するのと会社がリーマンショックで傾き、進学する学費の工面に困ったときでした。借金は、マンションのローンと車のローンがありましたが、消費者金融への借金はありませんでしたが、某大手には断られました。しかし、2件目の中堅の会社では、親身になって聞いてくれ30万すぐに借りることができました。私は、その時に小さいところは一つ一つ丁寧に対応してくれると実体験で感じました。


【どうしても借りられない!自己破産する前に、任意整理を選択肢の一つに入れてみませんか?】
街角法律相談所の詳細はこちら! 任意整理は、信用情報機関に記録が残されませんよ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする