節約では対応しきれなかったから、ついに借りてしまいました。

私の親は借金をしないように頑張っていましたので、自分も借金をしない様に頑張ってきました。
しかし独立してしばらくはそう考えていたのですが、段々と借金の必要性に迫られてきたのです。

収入は大したことがないにもかかわらず、支出の方は次から次へと発生するのです。
それでも節約を徹底させるなどして、借金をしない様に心がけていました。
しかし年々生活に必要な物が増えて行くにしたがって、節約では対応できなくなってしまったのです。

そこで私は借金をしないという信念を曲げて、キャッシングでお金を借りる事にしました。
初めてキャッシングを利用する時は、緊張しまくりました。
信念を曲げてキャッシングで借金をする事にしましたから、罪悪感が半端なかったのです。

しかし初キャッシングでお金を手にした時に、私はそんな罪悪感が薄くなりました。
借金を経験した事がなかった私は、もっと手続きやらなんやらに手間がかかると思っていたのです。
所がキャッシングは意外すぎるほど簡単にお金が借りられたので、罪悪感をあまり感じなくなっていたのです。

初キャッシングで借りたお金は、生活費で足りない分に充当しました。
そしてお給料が入ってから直ぐに、返済をしたのです。
こうして私の初キャッシングは、何事もなく終わってくれたのです。
キャッシングで借金をしてからというもの、私の借金に対する抵抗はなくなっていました。
それからというもの、私はキャッシングを頻繁に使うようになったのです。

キャッシングは人間関係を良好に保つために、大いに役立ってくれています。
飲み会に誘われた時やご祝儀やお香典を出さなければならない時に、お金がない場合に、キャッシングを利用しているのです。

人間関係のお金は節約すると関係を悪くする元となりますから、キャッシングでお金を借りて、そうならないように努めているのです。
何かとお金のかかる現代で、借金をしないで生活をする事は難しくなっていますから、こんな時代のキャッシングは本当にありがたい存在だと思っています。


【どうしても借りられない!自己破産する前に、任意整理を選択肢の一つに入れてみませんか?】
街角法律相談所の詳細はこちら! 任意整理は、信用情報機関に記録が残されませんよ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする