グローバル化するソフト闇金の情報

闇金の歴史は非常に長く、マンガやドラマなどでも度々揶揄されてきた存在です。
一般人が最も触れやすい裏の世界とも言うべき闇金ですが、法外な利息に過激な取立てなどの負のイメージがとても強く印象付けられている組織でもあります。

以前ならば甘美な言葉に惑わされる方も多かったのですが、インターネットが発達した現在では、その負のイメージが大きくマイナスに働いてしまい、利用者は大きく減少してしまいました。

そこで、近年新たに登場した違法金融機関が、ソフト闇金と呼ばれる金融機関になります。ソフトなどという優しい枕言葉がついていますが、結局は違法金融機関である事に変わりはありません。
こんな言葉に誰が惑わされるのかとお考えになる方も少なからずいらっしゃるかとは思いますが、実際にソフト闇金を利用する人の数は急上昇しており、警察などの公共機関からも注意が呼びかけられています。

ソフト闇金の需要が高まった原因は、従来の闇金とは業態を大きくシフトチェンジした点にあります。
例えば、以前の闇金においては、裏路地や倉庫地帯などに事務所を構え、資金需要者には自動車内などで契約を迫るパターンがほとんどでした。
広告なども公衆電話や電柱などに張り紙を行う程度で、あまり大っぴらに営業活動を行う事は無かったのです。

ところが、ソフト闇金はこの闇金の営業方針を180度転向し、特にインターネット上において積極的に営業活動に乗り出しているのです。
ソフト闇金などで検索を行うと簡単にソフト闇金の業者を見つける事が可能ですし、電話審査や銀行振込などにも対応しており、ウェブサイトの雰囲気などで一般的な貸金業者と見分けるのは困難なほどです。

闇金サイトですから、当然利息などは記載されていませんし、ブラックOK破産者OKなどという文言が立ち並ぶこともありますが、それらを除くと一般的な貸金業者とほとんど同じ対応だと言えます。
更に対応可能範囲も全国地域問わずといった広がりを見せており、利便性は大きく向上しています。
これらの要因が重なった結果、ソフト闇金の需要の拡大を見せているのです。

ソフト闇金は単に名称が変わっただけでなく、私たちの一般的な私生活、あるいは身近な存在となるべく、忍び寄っていると見るべきだと言えます。


【どうしても借りられない!自己破産する前に、任意整理を選択肢の一つに入れてみませんか?】
街角法律相談所の詳細はこちら! 任意整理は、信用情報機関に記録が残されませんよ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする