乗ったままOK?車金融とはどのような仕組みのものなのか?

急にお金が必要になる時、ありますよね。

そんな時は一刻も早く、現金を手に入れたいですし、またできるなら金利や手数料も比較的かからなければ良いと思うはずです。

世の中には、様々な方法で、現金を貸していただくことができます。

今回はその方法の1つ、「車金融」について、学んでみましょう。

[車金融とは何か?(アバウトに)]

一般的に知名度の高い、「自動車ローン」とは別のものだと考えてください。

「自動車ローン」はほとんどが、新車や中古車を購入する場合に、その車自体を担保にして融資を受けるものです。
つまり、使い道が「自動車の購入」に限られているわけです。

「車金融」は、自分が既に持っている自動車を担保にして、お金を貸していただくサービスです。
その使い道に関しては、特に制限は設けられていません。

1番近い仕組みが、質屋に質草を収めることです。
期限以内に、お金を返してくれなければ、あなたが私の手元に置いている車はいただきますよ、いいですね?という契約を結んでいると言えるでしょう。

[なぜ車金融という仕事があるのか?]

私なりの考えですが、こういったサービスを利用する前に、「相手がどこで利益を得ているか?」を知っておくのが定石だと思います。

車金融の業者さんは、一般的には「相手の車を手に入れて売りさばくこと」で利益を得ています。

もしくは、一般的な金融業者と同じように「長期間返済をさせて、利子で儲ける」ことが利益源です。

ですので、返済条件が露骨に厳しかったり、契約内容に不審な点がある業者は、上記の利益獲得方法を悪用して、お金を巻き上げてくるかも知れないので、注意しましょう。

まあ、これはどこの金融業者にも言えることですね。

[どれくらいの金額が借りられるのか]

一般的な消費者金融とは違い、「車」という高い価値を持った担保を前提に、お金を融資してくれるのが、「車金融」です。

消費者金融が、100万円程度の額で限度額になってしまうのに対して、車金融では、車次第では1000万円の融資を受けることができます。

また、車金融の業者は、車を入手してそれを売りさばくことにより、利益を得ますので、審査はかなりゆるく、収入が低い方でもそれなりの金額を借りることができるでしょう。

ですので、とにかく今はお金が必要なんだ!という方におすすめでしょう。

[担保となった車はどうなるのか?]

まず、当たり前の話ですが、借りたお金を返さなければ、担保となった車は、車金融の業者に持って行かれてしまいます。

気になるのは、担保となっている間の愛車の扱いですよね。

そちらを紹介してみます。

その1 今まで通り乗り続けられるパターン

その名の通り、今まで通り、通勤や買い物に、愛車を使えるという契約パターンです。

まず車の査定を受け、50万円の融資を受けたとします。

その場合、事務手数料と、前払いで1ヶ月分の車のリース料(担保にしてある車を業者から借りるためのレンタル料と考えください)を払えば、愛車にその後も乗り続けながら、融資を受けることができます。

しかし、相手も商売ですので、できれば車を自分の物にしたい、もしくはずっと元金を全額返済しないで欲しいのです。

リース料は基本的に高めに設定されています。

ですので、こちらのパターンが利用できる業者を見つけたなら、すぐに一括返済できる目処がある場合のみ、申し込んでみてはいかがでしょうか?

その2 車金融の業者さんに車を保管してもらうパターン

こちらもその名の通り、車金融の業者さんに車を保管してもらうという契約パターンです。

50万円の融資を受けたとこちらもしましょう。

この場合、事務手数料と、前払いで1ヶ月分の駐車場代金を払えば、融資を受けることができます。

乗り続けることはできませんが、一般的にこちらのほうが融資の査定金額が高くでますし、駐車場代金のほうが、リース料よりも安い事が多くなっています。

※悪徳業者は、異常に高いリース料と駐車料金を請求してきます。
1ヶ月の利用料金をきちんと聞いてから、契約をすること、ボイスレコーダーで契約内容を録音しておくことなどが必要になるかもしれませんね。

[車金融の金利などの条件はどうなっているのか?]

車金融の金利は、一般的に5%から18%くらいが多いです。

5%で借りられるケースよりは、それよりも高めの金利を設定されるケースが多いようです。

金利は返済の上でとても大事な条件ですので、いつ返すことができそうかなど、色々考えた上で借りなければいけませんね。

また、事務などの費用として、5万円程度請求されることもあります。

・印紙税
・保証料
・移転登録費用
・OCR用紙代
・振込料

が内訳です。

[車金融をどう使うか?]

車金融の魅力は何と言っても、審査が厳しくないことだと思われます。

ですので、金融機関では融資を受けられない、消費者金融ではブラックリストに載ったことがあり、どうしてもお金が必要なのに、借りられないという方に向いていると思われます。

ある程度まとまった額の融資を受けられることと、返済ができなくても車が持って行かれるだけなら、という安心感(?)が魅力と言えるでしょう。

車を後できちんと返して欲しいのなら、車金融業者をまずはしっかり選び、職員と相談して返済プランを立ててから借りるのがよいでしょう。

全ての融資に言えることですが、やはり、利用は計画的に行わなければ痛い目をみることになるでしょう。


【どうしても借りられない!自己破産する前に、任意整理を選択肢の一つに入れてみませんか?】
街角法律相談所の詳細はこちら! 任意整理は、信用情報機関に記録が残されませんよ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする